鉛の弾に蝶の翅

飛び立ちかねつ 鳥にしあらねば

2018.4.21 横尾忠則の冥土旅行

RSDと同じ日に、神戸の横尾忠則現代美術館で「横尾忠則の冥土旅行」という特別展を観てきました。

午前中に梅田ディスクユニオンに行って、昼頃に電車で神戸に向かいました。

地味に兵庫県に行くのは初めてでした。

灘駅で降りてしばらく歩くと着きました。横尾忠則現代美術館はすごくキレイでした。

f:id:minoisdryas:20180424002941j:image

中に入って作品を見て、その大きさにまず圧倒されました。横尾忠則って僕の中では独特なデザインのポスターを手がけている人という印象が強かったので、ポスターサイズの絵が額縁に入れられて展示してあるのかなーと思っていましたが実際は違いました。

キャンバスに真っ赤な絵の具がどかーんとハジけたような巨大な作品を見てかなり驚いたし感動しました。しかもガラス越しとかじゃなくて、むき出しで壁に掛けてあるんですよ。絵の具の凹凸や筆遣いの跡が至近距離で見られるのは美術館の醍醐味だと思います。ネットの画像や画集はどう頑張っても結局は平面上の粒の集まりでしかないわけで、やっぱり生で見る絵画作品には敵わないですよ。

一点撮りではなく風景としての写真撮影ならOK、とのことだったので少し写真撮りました。

f:id:minoisdryas:20180424010300j:image

油彩画にそのまま写真の切り抜きをコラージュしたやつもありました。

あと、January から Decemberまで12の連作になってるオフセット印刷の作品があったんですけど、これも良かったです。

3階の展示は「顔の無い女性」みたいなモチーフの作品が多くて、これは割と最近の作品のようでした。女の人が笑ってる絵なんだけど、口元から上がトイレットペーパーとかヒキガエルとかで隠されてたり、「落下する女」っていうやつで、胸元をはだけた女の人の絵なんですけど首から上だけ後ろを向いてて顔が分からなかったり。なんか不気味なんだけどエネルギーがあって見入ってしまいました。

そういえば岡本太郎がなんかの本で「のっぺらぼうは顔のパーツがひとつもないのに、強烈なパワーを持っている。何も無い、ということがかえってパワーを生んでいる、 これは透明な混沌というのだ」みたいなことを書いていましたが、横尾忠則の「顔の無い女性」の絵が持ってるパワーもこの「透明な混沌」に由来するものなんだろうか、などと考えました。

とにかく見応えのある展示だらけでした。5月6日までやっているそうです。ぜひたくさんの人に行ってほしいですね。

 

ちなみにこのあと京都に帰ってから何軒かレコ屋まわりましたが、やはりSuedeは発見できませんでした。無念。

2018.4.21 レコードストアデイ

4月20日のライブのあと、京都に帰らずに大阪に泊まって、そのまま翌日土曜日のレコードストアデイに備えることにしました。

梅田のディスクユニオンでRSD限定盤をゲットしたかったのです。

ちなみに僕の目当ての限定盤は

SuedeSuperchunkとLemonheads、あとベランダとバレーボウイズの7インチです。ただ、これら全てを買えるだけのお金は持っていないので、まあとりあえず一番欲しいSuedeが買えたら満足かなぁ、くらいの気持ちでした。

当日は10時過ぎにディスクユニオンに着きました。整理券はギリギリまだ配付中で、僕がもらった整理券は100番くらいでした。

11時に開店して、まあ100番目くらいに店に入ったんですけど、もうその時点で地獄絵図みたいになってて、さらに整理券持ってない組もどんどん入ってきてマジで朝の満員電車かな?ってくらい人でごった返してすごかったです。

去年のRSD、京都のJET SETに行ったときは「動けないほど混んでる」ってことは無かったのですが、やはり大阪は人口も多いし、ディスクユニオンのような大きな店は戦場化必至なんですね。

僕はSuede頑張って探したんですけど無くて、Superchunkとかも無くて、とりあえずベランダとバレーボウイズを確保しました。ちょっと混み具合が落ち着いてきてからまたSuede探したんですけどやっぱり無かったので、確保した2枚と、あとRSDとは関係無いですが中古で見つけたSilver SunのCDアルバム2枚を買って店を出ました。今年は予算も少なかったですし、あまりたくさんアレコレと買えないことは分かっていたので、ベランダとバレーが買えただけでも満足です。

そして、来年のRSDはどのような限定盤が出るか分かりませんが、多分そんなに熱心に手に入れようとはしないと思います。

ディスクユニオンのような争奪戦はもうこりごりだし、それにネットとか見てるとやっぱり転売の問題が浮上してて、色んな人が色んな考えを述べているわけです。そんな中で僕もちょっと冷静に考えてみて、まあ個人的にも転売厨がはびこってる状況のRSDというイベントにややしらけてしまった感は否めないんですよね。あと限定盤にいちいち興奮してるミーハーな自分の愚かさに対して反省したいというのもあります。

そもそもレコード収集や音楽趣味って、記念日が無くたっていつでも楽しいものであるはずだし、僕は中古のレコードも大好きだから、もっと自分で色々な楽しみを見つけていくべきなのかなと思います。あくまで僕個人の感想ですが。

というわけで2018年、僕のレコードストアデイはこんな感じでした。

2018.4.20 バズマザーズ vs 山田亮一 梅田シャングリラ

(このレポはネットで拾ったセットリストを参考にして曲順を思い出しながら書いてます。セトリ自体は、そのままコピペしてここに貼るのはなんかまずいと思うので載せません)

 

先週の金曜日、梅田でバズマザーズと山田亮一さんのライブを観ました。めちゃくちゃよかったです。

 

4月20日、大学での授業を終え電車で京都から大阪へ。

18:30開場で、確かその5分前くらいにライブハウスに着いたんだったかな、すでに結構な人が並んでました。自分は整理番号60番代くらいでした。

中に入って、最前列ではないけどまあわりと良い感じの位置に陣取って待つこと約30分。19時ちょい過ぎくらいに開演しました。

 

まずは山田さんの弾き語りです。ステージ中央に山田さん一人で座って、両脇に楽器が立て掛けてありました。客側から向かって左にアコギ、右にエレキ。ちなみに、

アコギは多分Gibson B-25 

でエレキがFender Telecaster(USAかJAPANかは不明)

でした。

最初にアコギで爪弾き始めたのは「トラベルプランナー」のリフ!みんなうおーってなってました。僕もうおーってなってました。

ソロの弾き語りアレンジでもめちゃくちゃ良い曲でした。というかあのリフ弾きながら歌えるの本当にすごい。

2曲目の前にMCがあって「新生活をはじめた人たちに、一丁のリボルバーを贈ります」的なことを言って「リボルバー」を演奏!

2番の「俺だって誰かを殺したい」を「今だってお前を殺したい」に変えて歌っててドキッとしました。

次の曲が「猿の学生」!名曲ラッシュにもう震えまくりです。猿の学生に関しては原曲がベースリフを骨格とした曲なので、まさか弾き語りでやるとは!という驚きもありました。そしてやっぱり弾き語りアレンジでもかっこいいんですよね〜。

途中でやったカバーは銀杏BOYZの「夢で逢えたら」という曲だそうです。僕は知りませんでしたが一緒にライブ行った人が教えてくれました。良い曲でした。

そして僕が一番「聴けてよかった」と思ったのが「ワンナイトアルカホリック」です。この曲は本当に大好きで、もうほんと切なくて、感動しました。

最後の曲「幻によろしく」は大サビ終わりの「らららららら〜〜」で大合唱!

素晴らしいライブでした。

 

そして後半戦。バズマザーズのライブです。

あしたのジョーのテーマで3人が登場。

山田さんは弾き語りでも使ってたテレキャス、重松さんはいつものSeymour Duncan(多分)のサンバーストJBタイプでした。

故郷の空」から「スカートリフティング」の流れで3曲め、「じゃーんじゃーんじゃーんじゃーんじゃーん……」

このイントロは「革命にふさわしいファンファーレ」!この曲は歌詞がすごく好き(バズマザーズハヌマーンも全曲歌詞最高ですが)なので聴けてよかったです。

あと「サンダーボルト」も聴けてよかったです。

途中で新曲を続けて2曲やりました。

先にやった方のやつはちょっとしっとりした感じの曲だったんですけど、ベースがすごく良かったです。ああいう風にシーケンシャルに繰り返すリフ、めっちゃ好きです。

で最後、「ロックンロールイズレッド」でみんなまたうおおおおってなってありがとー、で一旦はけて、アンコール。

2曲やりましたがどちらも僕が持ってない音源からの曲でした……不真面目なファンですみません。

再びはけた後2度めのアンコール、最後の最後は「ハイエースの車窓から」でした。この曲も僕音源持ってなくて聴き込めてない……でもめっちゃ良かったです!!

 

というわけで今回のライブ、全体としてはもう大満足でした。バズマザーズはサーキットイベントでしか観たことなかったので単独でがっつり聴けたのが良かったし、MCも盛りだくさんで面白かったし、山田さんの弾き語りでハヌマーン時代の曲聴けたのも本当に良かったです。

以上!

 

 

生まれてはじめて知らない人の前で弾き語りをした

2018年3月30日、つまり今日。

春休み中で暇なんで、鴨川のほとりでギター(最近買ったアコギ)を練習しようと思い立ちました。

午前中は京都みなみ会館のさよなら興行「台風クラブ」を観にいって、午後の2時くらいに鴨川へ。

川端通をずっと北上して、たぶん二条あたりまでいきました。

ちょうど良さそうなところで河川敷に降りて、地べたに座って、アコギ抱えて弾き語りみたいなことしてました。あー今日は天気が良くて陽射しもあったかいけどちょっと風が寒いな〜とか思いつつ。

歌詞を表示したスマホをギターケースの上に置いて、くるりとか歌ってて。スマホの画面見ながらギター弾いてるんで、うつむいてて前は見てなかったんですよね。

で、なんとなく前方から視線を感じたので、顔上げて見てみたら、女の子がいました。

何歳くらいなのかわかんないですけど、たぶん幼稚園の年長さんくらいの女の子が数人、僕の目の前に座ってて。

「次なに歌ってくれんねやろ」とかささやきあってるんです。

すごくびっくりしました。

どうやら僕がギター弾いてるスペースは、親子連れの方々が遊び場としてよく利用するスポットだったみたいで、知らないうちに周りにたくさん子どもたちがいる感じになってたんですよね。

まあ、あんま気にするのもアレかなぁと思って、いざとなったら移動しようと考えながらそのまま弾き続けてました。

そしたら

なんか女の子たちにリクエストっぽいことをされて、「ドラえもん弾いて」って言われたんですよ。

ドラえもんってどの曲だろ、まさかホンワカパッパではないよなぁ、今やってるドラえもんの主題歌どんなんやったかなぁ、ってなって。

それで「星野源ドラえもん」って言われたんですけど、「ドドドドドド……」の部分しか知らなかったので「弾けません……」と。

「じゃあAKBは?」

ということで、「恋するフォーチュンクッキー」とかあと紙飛行機のやつとか、その場でコード譜見ながらやりました。一緒に歌ってくれたりしてよかったです。

最近の小さい子だったら乃木坂とか欅坂がリアルタイムなんじゃないの?と思いましたが意外とAKBも知ってるんですね。秋元康は偉大ですね。

 

で、この記事で僕はなにが言いたいのかっていうと、「生まれてはじめて身内じゃない人に演奏を聴いてもらった」ってことなんですよ。

まず小さな子どもとコミュニケーションをとったのも何年ぶりかわからないですけど、それはまあいいんですよ。

僕はこれまで部活やサークルでずっとバンドをしてきました。なので当然、ライブをするときの観客はいつでも軽音楽部の仲間やサークルのメンバーたち、つまり身内の人たちでした。

でも今日はじめて、内輪的なつながりと全く関係のない人が、僕の演奏に興味を示してくれたわけですよ。これは嬉しいですよ。

バンドではないソロの弾き語りを人前でやったのもはじめてですし、そもそも僕はベーシストなので、ギター演奏をちゃんと聴いてもらったのもはじめてです。

なんというか、わざわざ外に出てギター弾いてよかったなぁ、と思いました。四条河原町のあたりで路上ライブやってる人達の気持ちがなんとなくわかった気がしました。

というわけで今日は僕にとってそんな記念日的な日になったので、一応ブログに書いて残しておこうと思った次第です。

これからも暇なときは鴨川にアコギ弾きに行きたいです。

 

あとどうでもいいんですけど、「恋するフォーチュンクッキー」は名曲ですね。自分で弾き語ってみてわかりました。良い曲です。

Vanzandt BronsonとFenderショートスケール

先に投稿したジャズベースのネックの話を踏まえて書くんですけど、やはり僕にとっての理想の楽器というのは「毎日弾いてさえいれば木部はほぼメンテフリー」というようなモノなんですよ。

木部というか、まあやっぱネックですよね。

「ネックが安定している楽器」というのはそれだけでもう素晴らしいと考えます。

 

それで、僕はベースもギターもどちらも弾くので、今度はベースじゃなくてギターの話をしたいんですけど、僕が使っているギターはVanzandtというメーカーのbronsonというやつで、これのネックは本当に動かないです。

買ってから今まで、ちゃんとした調整をしてもらったことは一度もないんですけど、コンディションはすこぶる良好。スタジオに持っていってギグケースから出しても、チューニングが全く狂ってないし、すごいんですよ。

そして弾きやすいし、見た目もかっこいいし、他に使ってる人があまりいないから人とカブることも無いし、最高のギターですよ。そう、この記事はただの機材自慢です。

それにしても、なんでBronsonって言うんですかね。Fender BroncoをもじってBronsonという名前にしたんでしょうけど、ピックアップが2つあるからスペック的には完全にDuosonicなんですよね。不思議ですね。

f:id:minoisdryas:20180309030501j:image

これが僕のBronsonです。

 

こういうシェイプの、ショートスケール系の楽器って大体好きですね。本家フェンダーですとムスタングにはじまりミュージックマスター、上述のデュオソニックとかブロンコ、あとサイクロンとか。

これ系を使ってるアーティストで好きなのはblurグレアム・コクソンですね。BeetlebumとかCoffee and TVのMVで、ピックアップを増設したミュージックマスターII(サンバースト)を使っているのが確認できます。

まあグレアムはテレキャスとかSGスペシャルとか他にも色々使ってますけどね。

f:id:minoisdryas:20180309033951j:image

 

ミュージックマスターといえば、XTCのコリンもミュージックマスターベースを使ってましたね。Youtubeにあるライブ動画とかで確認できます。

やっぱこういうフェンダームスタングシェイプの楽器は、ニューウェイブというかオルタナティブというか、そういうトガった雰囲気があって良いですね。

ジャズベースのネックって細すぎない?

一体どれだけこのブログを放置していたのだろう。まあいいか。これからも暇なとき書く感じでいこう。

 

さて、Fender Custom Shopの1964Jazz bassを買って大体一年半くらいになる。

このジャズベ、音はもちろんのこと、レリック塗装のひび割れや擦り切れた質感だったり、

ローズウッド指板の濃厚な黒さ(安っぽい薄茶のローズとは違うのだ)が本当に気に入っている。

気に入っているだけに、細かい不具合に対しいちいち神経質になってしまう。特にネックの反りが気になる。

買った当初は「高級品だし、それに中古だからコンディションは安定しているだろう」とタカをくくっていたが、やはりどうしても半年に一回くらいはネックの調整が必要になってくるみたいだ。

お世話になっているリペアショップに持っていって調整してもらうとものすごく弾きやすくなるのだが、それでもネックの状態が気になって、

毎日12フレットにモノサシをあてては「うーん、0.2mmくらい弦高が上がってるように見える、てことはそのぶんネックが順反りしたのだ……心なしか押さえにくくなってる気もするし……」などと考えてヘコむ、いわゆる「弦高ノイローゼ」みたいな状態になっていた時期もあった。

 

そして最近思い至ったのだが、ジャズベースのネックというのは細すぎるのではないか。

物理とか力学的なことはさっぱり分からないのだが、そもそも楽器の構造として、このネックの細さは金属製巻き弦4本の引っ張りに耐えうるだけの強度を持っていないのではないかと思うわけだ。パッと見でも、ジャズベースのネックって細いよなあ、と思うことがよくあるし。

エレキベースの祖先であるコントラバスダブルベース)と比べても、フェンダーのベースはボディから伸びて(はみ出て)いるぶんのネックの長さがかなりあるので、そのぶんだけ細い部分で弦の張力を支えなければならなくなってると思うのである。

まあこれは完全にイメージの話だし、ネックが全く動かないジャズベースもそりゃ存在するだろうから、僕の考えが合っているかどうかは分からないが。

プレシジョンの場合はジャズベよりもナット幅が広いぶん、ネックは頑丈そうだ。次買うならプレベだな。僕の好きなクラッシュもストラングラーズもコンヴァージもフーファイも、ベーシストがプレベ使ってるし。

あとはSpectorもほしいな。内田雄一郎氏が使ってるから。アクティブの楽器には元々あまり興味ないけど、やっぱり好きなアーティストが使っているというのはデカイ。

 

……まあとりあえず金貯めるとこからだな。

 

吉野家の秩序

空いている時間に独りでいく吉野家はなぜあんなにも居心地がいいのか。

店に入ると他に数人いる客もみんな単独のおっさんで、U字テーブル、2席ずつくらいあけて等間隔に座り、黙々とメシを食べている。

僕もU字テーブルのちょうどよさそうな位置に居場所をみつけて座る。そして運ばれてきたメシをただ食う。

そういうとき店内に流れる空気が僕はすごく好きだ。

おっさんも僕も、ひとりでご飯を食べにきただけだから、もちろん会話なんてしないし、お互いにU字テーブルの向かい側の人間に興味なんか無い。そんな静かな店内。

しかしなんとなく、本当になんとなく、もしかしたら僕が感じているだけでおっさん達は全くそんなことはないのかもしれないが、無言で牛丼をかきこむ孤独な人間としての同族意識、もしくは連帯感みたいなものが、うっすらとその場には流れているような気がするのだ。でもそれを確認する術はない。会話をしてしまったら僕らはひとりメシを食べにきた人ではなくなってしまうからだ。

とにかく無言で食べて、ときどき心の中で(ああ、今日も疲れたなあ、向かいの席のおっちゃんも疲れてそうだな、まあどうでもいいけど)とか思ってるくらいがちょうどいいのだ。それが吉野家の秩序なのだ。

と、こんな風に僕が書いているような事は、とっくの昔に中島みゆきが歌にしている。そう、「狼になりたい」である。

僕は中島みゆきの曲の中でこの「狼になりたい」が圧倒的にナンバーワンで好きだ。「糸」や「時代」にはない不思議な切なさがこの曲にはある。その切なさの正体は多分、中島みゆきが詩に描いた、彼女なりの吉野家の秩序なのだ(そういえば吉野家コピペってのもあった。あれを書いた人の気持ちも、僕はなんとなくわかる気がする)。

ただし、吉野家の秩序は脆い。複数人の女性グループや、男女のカップル、家族連れや外国人観光客、そんな健康的な人達が店に入ってくれば一瞬で秩序は崩れ去る。お前ら吉野家に来るな、なんて僕の立場からはとてもじゃないけど言えないし、そもそも別に女性グループやカップルに来てほしくないなんて、本気で思っているわけじゃない。ただやはり、独りで飯食ってるところにグループの人達がやってきて、横でワイワイやりだすとこちらとしては萎縮してしまうというのが正直なところで、ここまで書いてもう着地点が見えないのでそろそろ終わりたい、要するに吉野家は空いてる時間に行くのがよいですね。

 

そういえば、シャングリラでナードマグネットみてから明日で1ヶ月になる。なんとなくキリがいいし、ライブに行った記録はやっぱり残しておきたいので、明日、アメフトとナードのライブレポを頑張って書きたいと思う。

まあ結局更新しないかもしれないけど。