鉛の弾に蝶の翅

洗濯物干したときに限って雨が降る。

生まれてはじめて知らない人の前で弾き語りをした

2018年3月30日、つまり今日。

春休み中で暇なんで、鴨川のほとりでギター(最近買ったアコギ)を練習しようと思い立ちました。

午前中は京都みなみ会館のさよなら興行「台風クラブ」を観にいって、午後の2時くらいに鴨川へ。

川端通をずっと北上して、たぶん二条あたりまでいきました。

ちょうど良さそうなところで河川敷に降りて、地べたに座って、アコギ抱えて弾き語りみたいなことしてました。あー今日は天気が良くて陽射しもあったかいけどちょっと風が寒いな〜とか思いつつ。

歌詞を表示したスマホをギターケースの上に置いて、くるりとか歌ってて。スマホの画面見ながらギター弾いてるんで、うつむいてて前は見てなかったんですよね。

で、なんとなく前方から視線を感じたので、顔上げて見てみたら、女の子がいました。

何歳くらいなのかわかんないですけど、たぶん幼稚園の年長さんくらいの女の子が数人、僕の目の前に座ってて。

「次なに歌ってくれんねやろ」とかささやきあってるんです。

すごくびっくりしました。

どうやら僕がギター弾いてるスペースは、親子連れの方々が遊び場としてよく利用するスポットだったみたいで、知らないうちに周りにたくさん子どもたちがいる感じになってたんですよね。

まあ、あんま気にするのもアレかなぁと思って、いざとなったら移動しようと考えながらそのまま弾き続けてました。

そしたら

なんか女の子たちにリクエストっぽいことをされて、「ドラえもん弾いて」って言われたんですよ。

ドラえもんってどの曲だろ、まさかホンワカパッパではないよなぁ、今やってるドラえもんの主題歌どんなんやったかなぁ、ってなって。

それで「星野源ドラえもん」って言われたんですけど、「ドドドドドド……」の部分しか知らなかったので「弾けません……」と。

「じゃあAKBは?」

ということで、「恋するフォーチュンクッキー」とかあと紙飛行機のやつとか、その場でコード譜見ながらやりました。一緒に歌ってくれたりしてよかったです。

最近の小さい子だったら乃木坂とか欅坂がリアルタイムなんじゃないの?と思いましたが意外とAKBも知ってるんですね。秋元康は偉大ですね。

 

で、この記事で僕はなにが言いたいのかっていうと、「生まれてはじめて身内じゃない人に演奏を聴いてもらった」ってことなんですよ。

まず小さな子どもとコミュニケーションをとったのも何年ぶりかわからないですけど、それはまあいいんですよ。

僕はこれまで部活やサークルでずっとバンドをしてきました。なので当然、ライブをするときの観客はいつでも軽音楽部の仲間やサークルのメンバーたち、つまり身内の人たちでした。

でも今日はじめて、内輪的なつながりと全く関係のない人が、僕の演奏に興味を示してくれたわけですよ。これは嬉しいですよ。

バンドではないソロの弾き語りを人前でやったのもはじめてですし、そもそも僕はベーシストなので、ギター演奏をちゃんと聴いてもらったのもはじめてです。

なんというか、わざわざ外に出てギター弾いてよかったなぁ、と思いました。四条河原町のあたりで路上ライブやってる人達の気持ちがなんとなくわかった気がしました。

というわけで今日は僕にとってそんな記念日的な日になったので、一応ブログに書いて残しておこうと思った次第です。

これからも暇なときは鴨川にアコギ弾きに行きたいです。

 

あとどうでもいいんですけど、「恋するフォーチュンクッキー」は名曲ですね。自分で弾き語ってみてわかりました。良い曲です。