鉛の弾に蝶の翅

Despite all my rage I'm still just rat in a cage

ダンゴムシのガチャガチャ

ダンゴムシのガチャガチャが巷でやたらと流行っているようだ。どこのガチャガチャスポットを見に行っても売り切れていて、前から欲しいと思っていた僕としては、手に入らないのが結構悔しい。

事の始まりは何ヶ月か前。ネットで「ダンゴムシのフィギュアのガチャガチャが出る」という情報をキャッチした。

しかもそれが普通のカプセル入りのやつじゃなくて、手のひらサイズのデカいダンゴムシのフィギュアが、丸まった状態でそのままガチャガチャの機械から出てくるらしい。僕はもともとガチャガチャ大好きってわけではなくて、たまに気になるやつがあったら回す、ぐらいの感じなんだけども、本物そっくりに可動するダンゴムシのフィギュアというのはかなり新鮮で、これは絶対にほしい!と思った。まあ、カラーバリエーションが黒、青、白で本物のダンゴムシっぽくないのは詰めが甘いな、とも思ったし、サイズもダンゴムシというよりはタマヤスデって感じでデカすぎるのも若干気にはなったが、とにかくこれは一個持っておきたい。

発売日は「8月第5週」となっている。アバウト〜〜〜ッ!

入荷場所とかも特に書いていなくて、「全国に設置のカプセル自販機にてお買い求めください」だって。これまたアバウト。

まあガチャガチャ業界ではこれが普通なんだろう。近所のガチャガチャスポットはどこがあったっけな、京都駅のヨドバシと、河原町のLOFTとかなら多分入荷するかな、などと考えながら8月第5週を待つことにした。

 

光陰矢の如し、という表現を今使うのが適切かどうかはわからないが、とにかくいつのまにか8月第5週になっていた。僕はつい昨日それに気づいて、「あ、ダンゴムシやらなきゃ」と思い立った。もう買った人はいるのだろうかとネットを少し見てみる。するとどうやら謎のダンゴムシフィーバーが起きて売り切れ続出になっているようだ!よくわからないけど多分ツイッター発で何かしらきっかけがあって、すごく流行っているのだ。ここまで入手困難なのは異常事態だ。だって普通ダンゴムシのフィギュアなんてそんなに売れないでしょ、グソクムシならまだしも。こういうガチャガチャは一部のニッチな生物好きのためのヤツだと勝手に判断して高を括っていた僕はショックを受けた。

そして、「俺がゲットするはずだったダンゴムシをミーハーな輩が奪い去っていったのか!許せん!ダンゴムシは俺のモノだ!」と僕は一人で腹を立て、とりあえずヨドバシカメラに向かった。

無かった。f:id:minoisdryas:20180830223545j:image

LOFTとハンズのガチャガチャコーナーにも無かった。

そして今日も別のガチャスポットに行ってみた。ツイッターなどでダンゴムシ発見報告があったのは京極のアーケード街のUFOキャッチャーのとこと、京阪三条の地下と、イオンモール京都。

結果は全滅!無念!

ていうかそもそも発売日が「8月第5週」って適当すぎるだろ。なんだよその中途半端なアバウトさは。

怒りの矛先はバンダイに向かう。

確実に入荷するガチャガチャの設置場所もちゃんと明記してほしいよホントに!とイライラ。

が、しかし、よく考えたらそんな血眼になって追い求めるほど欲しくはないな、と気づいた。「入手困難」と聞いて気持ちが昂り、絶対ゲットしなきゃ!と必死になった僕もやはりミーハーだ。冷静になろう。追加生産が9月にあるらしいし、まあガチャスポットをときどきチェックして再入荷のタイミングでゲットできればいーや、と思い直した。

ただやっぱりせっかくなんでガチャガチャやりたい。ふだんそんなにガチャガチャ回しまくってるわけではないので、「ガチャ回したい欲」を発散する必要があるのだ。

というわけで「ボールパイソンとコーンスネーク  マスコットボールチェーン」を1度だけ回して帰った。

ついでなのでこの「ボールパイソンとコーンスネーク  マスコットボールチェーン」の紹介を次の記事でしようと思う。